府中市の出張写真撮影

府中市の記念写真撮影出張カメラマン予約料金格安ランキング

こちらのページでは、府中市での記念写真をプロカメラマンに依頼される方に評価される人気の出張撮影サービスの中から、料金体系や撮影費用、クオリティやカメラマンの対応、利用者の口コミ評判を基にした総合ランキング1位から3位までを紹介しています。いずれも各リンク先の公式サイトにて詳細の確認・お問い合わせができますので参考になさってください。

ベイビースマイル

出張 撮影 府中市

≪メリット≫
撮影費最安値帯(税込表示・土日UPなし)
納品枚数が多い(平均100枚前後)
納品方法が選べる(メール or DVD-R)
≪デメリット≫
×料金支払い方法が振込のみ
×地域によって予約が取りづらい
×カメラマン指定不可※リピート時は可
出張 撮影 府中市

 

fotowa(フォトワ)

出張 写真 府中市

≪メリット≫
撮影カメラマンの指定が可能
スケジュール表で予定が組みやすい
ギフト券の販売がある※有効期限あり
≪デメリット≫
×土日祝日の撮影料金が割高
×電話対応不可(メール連絡のみ)
×人気カメラマンは予約が取りづらい
出張 写真 府中市

 

出張撮影サービス

出張 カメラマン 府中市

≪メリット≫
東証一部上場企業のグループ会社
四千名のカメラマンネットワーク
事業者向けの撮影実績が豊富
≪デメリット≫
×撮影料金が他サービスに比べ高い
×納品枚数が少ない(30-50枚)
×撮影カメラマンの指定は不可
出張 カメラマン 府中市

 

上記サービスでは、いずれも新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心とした撮影が可能です。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影にも対応しております。

 

≪地域情報≫

出張 写真 府中市

●概要
東京都のほぼ中央に位置する都市で、武蔵野・多摩地域の旧北多摩部に当たる。新宿から22km西方、日本橋からは30km西方に位置する。1954年(昭和29年)4月1日に、府中町(府中駅)と多磨村および西府村の1町2村が合併して「府中市」が誕生した。

 

交通網としては、上記の地理的、歴史的な観点から、現在でも東京都区部近郊の交通の要衝として東西南北(区部・東京郊外・神奈川県および埼玉県)を結ぶ。これは国府設置以来中心地にある大國魂神社を基点に発達していったことが影響している。

 

2014年4月5日現在市内人口密度は790市中88位であり、多くの行政機関・大企業の研究開発所および工場等の大規模な施設も多く、商業施設や高層住宅は府中駅周辺に多い事からこの一帯の地価は160万円/坪を超える。また、一級河川や雑木林や山があるなど、市域のほとんどが居住に適した平坦地でありながら多くの緑を有し、広い公園も数多くある。

 

夜間人口と昼間人口がほぼ同一なのは、近隣のベッドタウン都市とは違い職住近接した生活環境である事が理由で、これらから市民の満足度が高く、市のアンケートでもほぼ全市民が将来も住み続けたい街として回答しており、「生活実感値」満足度都内第1位とされる事もある。

 

●歴史
旧北多摩郡。大化の改新後武蔵国の国府所在地だったことが知られており、古代から栄えていた事が各資料から判明している。鎌倉時代にも要衝地域として重要な地位を占めていた。江戸時代には八王子に次ぐ主要な宿場町として、また近在の物資の集散地として発展する。戦後も多摩地域の主要都市として行政機関、病院等の公共機関が数多く集積する。

 

第二次大戦後は、1950年代以後に宅地開発が進み、行政機関、病院、大企業の研究開発所および工場機能の集積も相まって人口が急増し、東京都下の拠点都市として発展する。

 

●経済
工業都市としても知られ、1937年の日中戦争をきっかけに日本製鋼所や東芝などの大工場が進出し、第二次世界大戦後もサントリー、日本電気など多くの工場が進出している。

 

・第一次産業
戦後までは、水田稲作や養蚕が盛んだった。2002年現在、耕地率6.9%、水田率25.7%。2000年現在、農家率0.4%。2000年現在、第一次産業就業者数865人。主な生産物に、コマツナ、多摩川ナシ、ワケネギ、紫黒米(黒米)等がある。様々な府中産農産物が、マインズ農業協同組合の西府支店、多磨支店、中河原駅前支店の農産物直売所、府中駅前の府中特産品直売所、農家設置の直売所などで販売されている。

 

・第二次産業
日本電気の府中事業場、東芝の府中事業所、サントリーの武蔵野ビール工場、読売新聞の府中工場(読売プリントメディア)など、大規模な工場がある。2000年現在、第二次産業就業者数26,005人。

 

・第三次産業
府中駅近辺にはステーションビル、百貨店もあり、店鋪が集中している。そのほか、小売店は鉄道各駅や幾つかのバス停留所付近に集中している。また、大東京綜合卸売センター(市場)が市南西部に立地する。また日鋼町の日本製鉄所東京事業所跡にできた府中インテリジェントパークは、各銀行の電算センターや各企業の研修センターなどが立ち並び、新たな企業拠点となった。公営競技施設では、東京競馬場や多摩川競艇場がある。2000年現在、第三次産業就業者数84,594人。

 

●イベント
府中市内では、年間を通して大きなイベントが行われている。

 

・1月
出初式、どんど焼き
・2月
郷土の森梅まつり、ふちゅうテクノフェア、府中駅伝競走大会
・3月
市民桜まつり
・4月
多摩川清掃、グリーンフェスティバル
・5月
くらやみ祭
・6月
あじさいまつり、リサイクル&環境フェスタ
・7月
蓮を見る会、地域まつり
・8月
商工まつり、けやきふぇすた

・9月
市民芸術文化祭
・10月
リサイクルフェスタ
・11月
農業まつり
・12月
歳の市

 

●町名一覧
多磨町(たまちょう)、朝日町(あさひちょう)、紅葉丘(もみじがおか)、白糸台(しらいとだい)、押立町(おしたてちょう)、小柳町(こやなぎちょう)、若松町(わかまつちょう)、浅間町(せんげんちょう)、天神町(てんじんちょう)、新町(しんまち)、幸町(さいわいちょう)、府中町(ふちゅうちょう)、緑町(みどりちょう)、宮町(みやまち)、八幡町(はちまんちょう)、清水が丘(しみずがおか)、分梅町(ぶばいちょう)、住吉町(すみよしちょう)、四谷(よつや)、日吉町(ひよしちょう)、是政(これまさ)、矢崎町(やざきちょう)、南町(みなみちょう)、本町(ほんまち)、片町(かたまち)、宮西町(みやにしちょう)、寿町(ことぶきちょう)、日鋼町(にっこうちょう)、晴見町(はるみちょう)、栄町(さかえちょう)、武蔵台(むさしだい)、北山町(きたやまちょう)、原町(にしはらちょう)、東芝町(とうしばちょう)、美好町(みよしちょう)、日新町(にっしんちょう)、本宿町(ほんしゅくちょう)、西府町(にしふちょう)